敏感肌化粧品で肌ケア|肌荒れを防ぐアイテム

原因と治療

笑顔のウーマン

老人性イボは紫外線によって老廃物の蓄積によって生じます。そのため、紫外線がよく当たる首や顔にできやすいです。皮膚科での治療も良いですが、化粧品によるケアだと肌も若々しくなります。老廃物の蓄積防止効果のあるヨクイニンという有効成分が入っているものを使いましょう。

もっと読む

生活習慣改善をベースに

コスメティック

肌のたるみの原因は、生活習慣、紫外線、加齢により肌の弾力成分や保湿成分が減少することによって、そして筋力低下や姿勢の悪さで顔の表情筋などが弱くなることが挙げられます。化粧品でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたものを使用すると同時に、生活習慣の改善を行うことで改善が期待できます。

もっと読む

自然のものを適度に

目を閉じるウーマン

敏感肌用の化粧水はたくさんありますが、なるべく自然な成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。自然なものでも肌質によっては合わない場合もあるので、焦らずじっくり吟味する事が大切です。化粧水は肌トラブルを防ぐためには欠かせないので、適切なものを継続して使うようにしましょう。

もっと読む

敏感肌に必要なもの

女の人

化粧水はたっぷり使う

敏感肌の人は、より肌の負担が小さい敏感肌化粧品を使ってください。パラベンフリーやノンアルコール、無香料などが書いてあれば、特に敏感肌化粧品と書いていなくても使えます。肌への負担に目が行きがちですが、敏感肌の人は肌が乾燥しています。だから、水分である化粧水をたっぷり使って保湿してください。パックもおすすめです。コットンなどに含ませて、気になるところだけパックしても良いですし、全顔をパックしても構いません。たっぷり水分を肌の奥まで浸透させられます。肌に潤いを与えることで、肌のターンオーバーが正常な状態になるので、肌が安定します。敏感肌が改善できるかもしれません。少なくとも肌荒れなどを気にしなくて良くなります。

特徴を知っておく

敏感肌化粧品は、肌が荒れやすい人でも安心して使えるように肌の負担になる成分を極力使わないようにしています。だから、パッケージによくパラベンフリーというような言葉が書いてあります。パラベンは防腐剤です。防腐剤が入っていれば化粧品の劣化を防ぐことができますが、あまり多く入っていないほうが良いです。無添加の化粧品もあります。ただし、防腐剤が入っていないので劣化しやすいので、開封後は早めに使いきるようにしてください。パラベンだけではなく、アルコールや香料、鉱物油などが入っていない敏感肌化粧品なら、肌が荒れやすい人が使っても、肌荒れを起こしにくいです。敏感肌の人は、顔に使う前にパッチテストをしてから使ったほうが良いです。